​​利用規約

下記は、株式会社Moonbow Music(以下、「当社」といいます。)が動画向け音楽制作サービスを提供する「PITATTONE」(以下、「本サービス」といいます。)の利用に関して、ユーザーに同意していただく必要のある事柄を記載しています。本サービスをご利用になる際には、この利用規約(以下、「本規約」といいます。)が適用され、ユーザーと当社との契約の内容となります。なお、本規約については、ユーザーが申し込みフォームを送信した時点で同意されたものとさせていただきます。

 

第1章 総則

第1条(総則・適用範囲)

1.本規約は、当社がユーザーに提供・運営する本サービスについて、ユーザーと当社の間の利用に関する基本的な事項を規定します。

2.本規約は、本サービスの利用に関し、当社及びユーザーに対して適用され、ユーザーと当社との本サービスの利用契約の内容となります。

3.当社が、当社ウェブサイト上に本サービスに関して本規約の具体的運用についての個別規定や追加規定を掲載する場合、それらは本規約の一部を構成するものとします。

 

第2条(定義)

本規約において、次の各号に掲げる用語は、当該各号に定めるとおり定義します。

(1) 「サービス利⽤契約」

ユーザーが本サービスを利⽤するに際し、ユーザー及び当社との間に発⽣する本サービスの利⽤に関する契約関係をいい、本規約、当社ウェブサイト上に掲載されるこれに関連する規約・通知等を含みます。

(2) 「ユーザー」

本規約を承認の上、当社と「サービス利用契約」を締結した法人、団体、個人をいいます。

(3) 「登録情報」

ユーザーが申込時に登録した情報、本サービス利⽤中に当社が必要と判断して登録を求めた情報及びこれらの情報についてユーザー⾃⾝が追加、変更を行った場合の当該情報をいいます。

 (4) 「サンプルデータ」

当社が制作した不正使用防止用の特殊効果音を挿入して編集したサンプル用音声データをいいます。

(5) 「当社ウェブサイト」

そのドメインが「pitattone.jp」である、当社が運営するウェブサイト(理由の如何を問わず、当社のウェブサイトのドメイン又は内容が変更された場合は、当該変更後のドメインを含みます。)をいいます。

 (6)「知的財産権」

著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含む。)をいいます。

 

第2章 サービスの利用

第3条(申込)

1.ユーザーは、本規約を遵守することに同意し、かつ登録情報を当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し、サービス利⽤契約の申込が完了したものとします。

2.前項に定める申込の完了時に、本規約の諸規定に従ったサービス利用契約がユーザーと当社の間に成立します。

3.当社は、第1項に基づき申込した者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、申込を拒否し契約を破棄することができます。

(1)当社に提供された登録情報の全部又は一部につき虚偽があった場合

(2)当該ユーザーが、本サービス利⽤に際して、当社の責でない事由により既にサービス利⽤停⽌措置を受けている場合

(3)未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合

(4)反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合

(5)その他、当社が申込を適当でないと判断した場合

 

第3章 制作物の購入

第4条 (制作物の販売方式及び価格)

当社は、本サービス上で、当社の制作物を、原則としてユーザーが本規約に定める使用許諾の範囲内で使用することができる権利許諾方式で販売します。

販売価格は、原則として制作物の種類によって当社が決定するものとし、当社は、別途、制作物の販売価格を示した価格表を本サービス内で掲載するものとします。

 

第5条 (使用許諾の範囲)

1.当社が、当サービスにおいて制作した楽曲及び音声は、サービス利⽤契約時に、ユーザーが申告を行ったコンテンツ内に限り使用許諾を貸与するものとします。

2.ユーザーが申告を行ったコンテンツ以外での制作物(CM続編など)における、楽曲や音声の二次使用については、当該制作物の販売価格と同額の使用料を頂戴します。

3.コンテンツの引用物(VTR、TV番組宣伝CMなど)に当サービス制作楽曲が使用されている箇所を含める事は、原則無償となります。

4.オプションサービス内、サウンドロゴ制作のみ、例外としてユーザーが申告を行ったコンテンツ以外での使用も無償とした契約となります。

5.本サービスにて販売する全ての楽曲及び音声は、商用・非商用を問わず利用可能とし、ユーザーは当該作品を営利目的でも使用することができます。

 

第6条 (制作物の使用可能範囲・使用禁止事項)

1.ユーザーは、前条に定める範囲で、本サービスで購入した制作物を、原則として自由に使用することができます。ただし、ユーザーは、以下の各号に掲げる使用はできないものとします。

(1)差別の助長、自殺・自傷行為の助長等、公序良俗に反する目的で当該制作物を使用すること

(2)当社の名誉又は信用を毀損する態様で当該制作物を使用すること

(3)違法、虚偽又は中傷を内容とする、記事、映像、宣伝又は広告等のために当該制作物を使用すること

(4)当該制作物を改変して使用すること(動画音声全体の音量調節など、コンテンツ引用物を制作する際の軽微な調整は除きます。)

(5)当該制作物及びその複製物等を第三者に販売、転貸又は譲渡すること若しくは第三者に対して当該制作物の使用を許諾すること

(6)当該作品及びその複製物等を、不特定の第三者にインターネット上でダウンロードさせて使用させること

(7)その他当社が不適切と判断する態様で当該作品を使用すること

2.前項各号に定める使用禁止事項に該当するかどうか直ちに判断がつかない場合は、info@moonbow-music.comまでお問い合わせください。

 

第7条 (購入代金の支払い)

1.本サービス内でユーザーが制作物を購入する場合、ユーザーは、銀行振込で当該制作物の購入代金を、完納時の当月末締め翌月末支払いで、支払うものとします。

2.当社は、ユーザーが第1項に定める購入代金の支払を怠ったときは、当該ユーザーに対し、支払期日の翌日から完済に至るまで年14.6%の割合による遅延損害金の支払を求めることができるものとする。

 

第8条 (検収・納品、返品・返金)

1.本サービスにおいて、ユーザーは、当該制作物等の内容等を適切に把握し了承した上で検収を行い、納品を完了するものとします。但しユーザーが了承する前に次の各号に定める場合には、無償で制作物の修正対応を行うものとする。

(1)完納品に音飛び、音割れ等の品質不良があった場合

(2)初稿納品時に、ユーザーから当社が修正依頼を受け、それが反映されていない場合

(3)ユーザーから申込を受けた際の必要要件を満たしていない場合

(4)その他著しく品質に問題がある場合

2.制作物の納品を完了した後のユーザーからの修正依頼および返金に、当社は一切対応いたしません。

3.デジタルデータの特性により返品が不可能であるため、ユーザーは、購入済みの制作物について、理由の如何を問わず、返品の申出及び返金の請求又は代金支払の拒絶は一切できません。

 

第9条 (サンプルデータの使用)

当社は、本サービス上で、ユーザーが申込の前に試聴を行う目的のため、サンプルデータを公開します。ユーザーは、いかなる理由であってもサンプルデータを当該目的外に利用してはなりません。

 

第4章 禁止行為・サービスの終了

第10条 (禁止行為)

1.ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはなりません。

(1)法令に違反する行為、法令違反を助長する行為又はそれらのおそれのある行為

(2)当社、又はその他第三者に対する詐欺又は脅迫行為

(3)公序良俗に反する行為

(4)当社の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利又は利益を侵害する行為(かかる侵害を直接又は間接に惹起する行為を含みます。)

(5)本サービスを通じ、以下に該当し、又は該当すると当社が判断する情報を当社に送信する行為

a.過度に暴力的又は残虐な表現を含む情報

b.コンピューター・ウィルスその他の有害なプログラムを含む情報

c.当社、又はその他の第三者の名誉又は信用を毀損する表現を含む情報

d.過度にわいせつな表現を含む情報

e.差別を助長する表現を含む情報

f.自殺、自傷行為を助長する表現を含む情報

g.薬物の不適切な利用を助長する表現を含む情報

h.反社会的な表現を含む情報

i.ジャンクメール、スパムメール、チェーンメール等の第三者への情報の拡散を求める情報

j.違法な勧誘、宣伝等を含む情報

k.他人に不快感を与える表現を含む情報

l.面識のない異性との出会いを目的とした情報

(6)本サービスのネットワーク又はシステム等に過度な負荷をかける行為

(7)本サービスの他のユーザーの情報の収集を目的とする行為

(8)本サービスに接続しているシステム全般について、権限なく不正にアクセスする行為、その他当社に損害を与える行為

(9)第三者に成りすます行為

(10)反社会的勢力等への利益供与行為

(11)前各号の行為を直接又は間接に惹起し、又は容易にする行為

(12)本サービスの運営の妨げとなる行為又はそのおそれがあると当社が判断した行為

(13)当社による本サービスの運営を妨害するおそれのある行為

(14)その他、当社が不適切と判断する行為

2.ユーザーが第1項の禁止行為に該当する行為を行っていると認められる場合、その他当社が必要と認める場合は、当社は当該ユーザーに対し違反行為の是正を求め、再度の違反行為を防止するよう一定の措置を講ずることがあります。

 

第5章 一般条項

第11条 (本サービスの変更、中断、中止、追加及び廃止等)

1.当社は、当社の判断により本サービスの内容の全部又は⼀部の提供・運営を中止することができ、その場合、当社が適当と判断する方法でユーザーにその旨を事前に通知します。但し、緊急の場合はユーザーへの通知を行わない場合があります。

2.当社は、以下各号の事由が生じた場合には、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの⼀部又は全部を⼀時的に中断することができます。

(1)本サービス用のハード・ソフト・通信機器設備等に関わるメンテナンスや修理を定期的又は緊急に行う場合

(2)電気通信事業者の役務が提供されない場合

(3)天災等の不可抗力により本サービスの提供が困難な場合

(4)⽕災、停電、その他の不慮の事故により本サービスの提供が困難な場合

(5)戦争、紛争、動乱、暴動、労働争議等により本サービスの提供が困難な場合

(6)その他前各号に準じ当社が必要と判断した場合

 

第12条 (権利の帰属)

1.本サービスにおいて、当社が提供する情報および制作物等に関する⼀切の知的財産権は当社に帰属するものとします。

2.ユーザーは、当社の許諾を得ずに、当社が提供するいかなる情報等についても本規約において明示的に許可する以外の態様で編集、翻訳及び改変等を行い、⼜は第三者に使⽤させたり公開することはできません。また、いかなる理由によっても当社の知的財産権を不当に侵害するおそれのある行為(逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングを含むが、これに限定されません。)をしてはなりません。

3.本サービス上には商標、ロゴ及びサービスマーク等(以下、総称して「商標等」といいます。)が表⽰される場合がありますが、当社は、ユーザーその他の第三者に対し何ら当該商標を譲渡し、又は使用を許諾するものではありません。

 

第13条 (個人情報の取扱い)

当社による個人情報の取扱いについては、別途当社プライバシーポリシーの定めによるものとし、ユーザーはこのプライバシーポリシーに従って当社がユーザーの個人情報を取扱うことについて同意するものとします。

 

第14条 (アクセス解析その他情報収集)

本サービスでは、本サービス利用状況を把握するため、Google Analyticsを利用して、アクセスログを収集しています。Google Analyticsは、cookie(クッキー)を使用し、個人を特定する情報を含むことなく、本件サービスの利用状況を収集し、収集された情報はGoogle社のプライバシーポリシーに基づき管理されます。Google Analyticsの利用規約及びGoogle社のプライバシーポリシーについては、同社のサイトをご覧ください。当社は、Google Analyticsのサービス利用による損害について責任を負わないものとします。

 

第15条 (秘密保持)

1.本規約において「秘密情報」とは、サービス利用契約又は本サービスに関連して、ユーザーが、当社より書面、口頭若しくは記録媒体等により提供若しくは開示されたか、又は知り得た、当社の技術、営業、業務、財務、組織、その他の事項に関する全ての情報を意味します。但し、以下の各号に該当するものは、秘密情報に該当しないものとします。

(1) 当社から提供若しくは開示がなされたとき又は知得したときに、既に一般に公知となっていた、又は既に知得していたもの

(2) 当社から提供若しくは開示又は知得した後、自己の責めに帰せざる事由により刊行物その他により公知となったもの

(3) 提供又は開示の権限のある第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取得したもの

(4) 秘密情報によることなく単独で開発したもの

(5) 当社から秘密保持の必要なき旨を書面で確認されたもの

2.ユーザーは、秘密情報を本サービスの利用の目的のみに利用するとともに、当社の書面による承諾なしに第三者に当社の秘密情報を提供、開示又は漏洩しないものとします。

3.第2項の定めに拘わらず、ユーザーは、法律、裁判所又は政府機関の命令、要求又は要請に基づき、秘密情報を開示することができます。但し、当該命令、要求又は要請があった場合、速やかにその旨を当社に通知しなければなりません。

 

第16条 (損害賠償)

本サービスにおいて、当社またはユーザーが、本規約に定める条項に違反した場合もしくは故意又は重大な過失により相手方に損害を与えた場合には、直接且現実に生じた損害の賠償を、請求することができる。

 

第6章 雑則

第17条 (規約変更)

1.当社は、以下のいずれかに該当する場合、当社の裁量により、本規約(当社ウェブサイトに掲載する本サービスに関するルール、諸規定等を含みます。以下本項において同じ。)を変更することができるものとします。

(1)本規約の変更がユーザーの一般の利益に適合するとき

(2)本規約の変更が、契約した目的に反さず、かつ変更に係る事情に照らし合理的なものであるとき

2.当社は、前項による本規約の変更に先立ち、変更後の本規約の効力発生日の1ヶ月前までに本規約を変更する旨、変更後の本規約の内容、効力発生日を当社ウェブサイトに掲載し、またはユーザーに通知します。

3.変更後の効力発生日以後に、ユーザーが本サービスを利用した場合、ユーザーは、本規約の変更に同意したものとみなします。

 

第18条 (連絡・通知)

本サービスに関する問い合わせ、その他当社への連絡又は通知への返答について、当社からユーザーに対する連絡又は通知は、当社の定める⽅法で行うものとします。

 

第19条 (本規約上の地位の譲渡等)

1.ユーザーは、当社の書⾯による事前の承諾なく、サービス利用契約上の地位又は本規約に基づく権利義務の全部又は⼀部を、第三者に譲渡(合併、会社分割等による包括承継も含む。)し又は担保の⽬的に供することはできません。

2.当社が本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴いサービス利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに顧客情報を当該事業譲渡の譲受⼈に譲渡できるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとみなします。本項にいう事業譲渡には、当社が消滅会社又は分割会社となる合併又は会社分割等による包括承継を含むものとします。

 

第20条 (分離可能性)

本規約のいずれかの条項又はその⼀部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執⾏不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び⼀部が無効又は執⾏不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効⼒を有し、当社及びユーザーは、当該無効若しくは執⾏不能の条項又は部分を適法とし、執⾏⼒を持たせるために必要な範囲で修正し、当該無効若しくは執⾏不能な条項又は部分の趣旨並びに法律的及び経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。

 

第21条 (存続規定)

第12条及び第13条、第15条、第16条、第18条、第19条、第20条、本条、第22条、第23条の規定はサービス利用契約の終了後も有効に存続するものとします。

 

第22条 (準拠法及び合意管轄)

本規約の準拠法は日本法とし、本規約に起因し又は関連する一切の紛争については、横浜地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

第23条 (協議解決)

当社及びユーザーは、本規約に定めのない事項又は本規約の解釈に疑義が生じた場合には、互いに信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。

 

2020年06月26日